歯茎が腫れた、血が出る

噛み合わせと顎の悩み|顎関節症と治療法

原因

近年食べ物がやわらかくなってきており、食べ物を噛む回数が少なくなってきているといわれています。 こどもの頃に噛む回数が少ないと顎が発達しません。未発達の小さな顎に大人の歯を並べようと思ってもうまく並びません。そうすると歯並びが悪くなり、当然ながら噛みあわせも悪くなってしまうのです‥・

噛み合わせが悪いと…

  • 歯並びなど見た目が悪くなってしまいます。
  • 歯磨きがしづらく、磨き残しなどが多くなり、虫歯や歯周病の原因となります。
  • 発音がうまくできなくなります。
  • 食べ物がよく噛めないので胃腸に負担がかかり、病気の原因となることがあります。
  • 顎の関節に負担がかかり 顎関節症の原因となります。

顎関節症とは…

歯のかみ合わせ部分の顎関節が炎症を起こし口が開かなくなる病気です。

  • 口が開きづらい
  • 口をあけるとポキポキ音がする

といった前兆があり、そのまま放っておくとある日突然口が開かなってしまい、無理に口をあけようとすると耳の前辺りに痛みを感じます。

顎関節症の治療方法

スプリントをいれることにより治療します。 (写真参照)
保険が適用されるので、安心して治療をお任せください。

スプリント
スプリント